全国の高校生を持つ、年収が910万円以下の家庭では高校の授業料の手当てをもらうことができます。通信制高校でもこの制度は利用できますが、一単位ごとに値段が決まっている通信制高校では、全日制の高校とは少し違います。


通信制高校は1単位につき4812円

単位制の高校は卒業までに選択科目と必修科目を合計して74単位以上の単位取得が条件です。そのため、習得する単位数によって同じ高校に通っていても授業料の負担が変わります。最低条件が74単位なので、もしも本人が希望するのであれば、それ以上の単位を修得することも可能です。高校生の就学手当てでは、1単位につき4812円が74単位分、支給がされますから、自分の通いたい通信制高校の単位の値段から4812円をひいた金額が1単位の値段となります。


相談は市区町村や学校の窓口へ

世帯の所得によっては、増額の申し込みなどを行うことができるケースもあるそうです。収入面で不安がある場合は、高校の窓口や市区町村に問い合わせを行いましょう。また条件がありますが、返済のいらない奨学金を利用できる通信制高校もあるそうです。支援金や奨学金については学校に気軽に問い合わせてみましょう。通信制高校ごとに独自の奨学金システムを持っていることもあります。

Comments are closed.