通信制高校が向いている生徒

Posted 8月 28th, 2014 by exadmin

通信制高校の卒業率は50%を切っていますが、私立においては学校ごとの違い歴然としています。卒業率が10%の学校もあれば、一方では90%や限りなく100%という学校もあります。50%を大きく越えるような卒業率の公立の通信制は、現在のところ1校もありません。卒業率の良い私立は卒業するためのフォローが抜群に手厚いものです。しかしごく一般的な通信制高校でも、卒業している人がいるのですから、合っている合っていないはあるようです。


<一般的な通信制高校でも卒業できる生徒>

ごく一般的な卒業率の悪い通信制高校であっても、卒業できているひとはたくさんいます。サポート校にも通っていることで卒業の可能性はアップしますが、卒業者の全てがサポート校に通っている生徒ということではありません。公立の通信制高校は、自主性が全てです。自分でスケジュール管理を行い、自分との戦いで単位を取ってゆきます。揺るぎない目標があったり、ひとりでも淡々と頑張り続けることができる意思の強いタイプは、卒業までモチベーションを継続させることができます。中学までの基礎学習力がしっかり身についているのも大切なポイントです。これが一般的な通信制が合っているタイプの生徒です。

Comments are closed.